香典の金額の相場と表書きの書き方とは?役に立つ豆知識!

↓↓↓

法事用のお線香の詳細を見る

葬式や法事で、香典を持っていくこともありますよね。

でもどのくらいの金額が適当なのかがわからないこと

が多いと思います。

かといって知人に、「いくら持っていく?」

などとはなかなか聞きづらいものです。

また、香典の表書きの書き方なども、何となくこれで

いいや、と思っていませんか。

そこでここでは香典の金額の相場と、香典の表書きの

書き方について、まとめてみました。

これを読めば、香典の金額や表書きで迷うことがなく

なります。

香典に関する知識は一度覚えてしまえば、これからも

ずっと使える知識となりますからね。

知っておきたい!香典の金額の相場は?

香典は線香代ともいわれます。

スーパーで見かける線香の金額は数百円ほどですが、

では線香代としては、いくらぐらいが相場なのか、

気になりますよね。

実は香典の相場は、5,000円といわれています。

線香というのは、ちゃんとしたものを買うとけっこう

高いものですし、法事の時以外でも毎日使う消耗品で

ありますから、すぐになくなってしまうんですね。

これはお花代でも同じことです。

なので安すぎる金額を持っていくのは避けたいところ

ですね。

香典の表書きの書き方は宗教によって異なる!

よく線香代という言葉を使いますが、線香代とは、霊前に

供えるお金や香典のことです。

よく霊前に袋が置いてあるのを見たことがあると思います。

その線香代を入れた袋を香典袋といって、なかに現金を

入れるのです。

線香代を入れる香典袋は不祝儀用ののし袋のことで、その

袋に書く表書きには宗教によってきまりがあります

ただ単に香典袋の中にお金を入れればいいわけではないの

ですね。

表書きの書き方(仏教)

仏教では「御霊前」「御香典」「御香料」「ご香料」

薄墨で書きます。

ちなみに、「御仏前」というのは四十九日の法要が過ぎ

てから使うのが一般的です。

これらの言葉はどれも似たような字なので紛らわしい

ですけどね。

また、袋の種類ですが、普通の無地ののし袋のほかに、

蓮の花が描かれたのし袋も使うことができます。

蓮の花ののし袋は仏教用のものなんですね。

表書きの書き方(キリスト教)

キリスト教は、イエス・キリストを神と崇める宗教ですよね。

そのキリスト教では、仏教とは表書きが異なるので注意が必要です。

キリスト教で使う表書きは、「御霊前」「御花料」となります。

「御香典」という表書きは使わないのですね。

キリスト教で使うのし袋は、白百合の花や十字架が描かれたものです。

キリスト教というと、やはり十字架というイメージが強いですからね。

白百合や十字架が書かれたのし袋はキリスト教専用のものなので、

仏教では使わないものです。

表書きの書き方(神道・神式)

神道(しんとう)という宗教は仏教でいう通夜を「通夜祭」、

葬儀のことを「葬場祭」と呼んでいます。

神道・神式で使う表書きは、「御神前」「御玉串料(おた

ぐしりょう)」「御榊料(おさかきりょう)」です。

これらは仏教ともキリスト教とも異なる、神式だけの書き方です

ね。

神道・神式で使うのし袋は、無地で、白黒か双白か双銀のもの

となります。

ちなみに神式では、仏教で用いる数珠は使わないことになって

います。

表書きの書き方(どの宗教でも使える)

香典袋は、不祝儀袋といったり、お悔やみ用のし袋とも

いいますが、宗教によって使える種類が異なるので、注意

してくださいね。

相手の宗教がわからず、表書きに迷うこともあると思います。

そんなときのために、どんな宗教にも対応できる書き方を

覚えておきましょう。

どんな宗教にも使える表書きは、「御霊前」です。

これだけを覚えておけば、迷うことはありませんね。

またどんな宗教にも使えるのし袋は、白黒か双銀になります。

相手の宗教がわからないときは、これらののし袋や表書きを

使いましょうね。

香典袋には袱紗(ふくさ)が必要

香典袋を包むのに用いられるものが袱紗(ふくさ)です。

袱紗は、中に包む香典の金額によって選ぶ必要があり、3万円

未満の場合は金封袱紗、3万円以上の時は爪付き袱紗か台付き

袱紗を選びましょう。

こちらは香典が3万円未満の場合におすすめの金封袱紗です。

こちら袱紗は日本製で牡丹唐草の模様が入っており、富貴や

長寿を表しています。

このような葬儀用の袱紗をひとつは持っておきたいですね。

線香を選ぶなら専門店の香源がおすすめ

香典とは線香代のことだということがわかりましたね。

線香は法事でお客さんが来る度に使われるものですから、

常に用意しておく必要があるものなんです。

線香の専門店香源では、20社ほどのメーカーの中から線香を

選ぶことができるため、線香の香りにこだわりがある場合も

速やかに探すことができておすすめですよ。

また、香源では毎月プレゼントキャンペーンを行っています。

プレゼントの内容や線香の詳細についてはこちらをどうぞ。

↓↓↓

法事用のお線香の詳細を見る