香木とは?超簡単な私のおすすめの楽しみ方を教えます!

↓↓↓

最高級の香木の詳細を見る

香りの木と書いて香木(こうぼく)ですが、

香木はよい匂いを漂わせるためにたく木のことです。

薄く削った香木を加熱することで、香りを楽しむことが

できます。

香木は通常、白檀(びゃくだん)、沈香(じんこう)、

伽羅(きゃら)のことをいいます。

香木の種類で最高級のものとは?

香木の種類はたくさんありますが、香木のなかで、

沈香の最高級のものが伽羅です。

また、沈香のひとつである「蘭奢待(らんじゃたい)」

香木の中でも最高級だといわれています。

この蘭奢待は、漢字の作りの中に「東大寺」という言葉を

含んでいるため、東大寺とか黄熟香(おうじゅくこう)と

も呼ばれています。

蘭奢待は、鎌倉時代にベトナムから持ち込まれたといわれて

いますが、1200年経った今でも香りが残っているそうですよ。

最高級の香木「伽羅」とは?

香木は、一般に香を焚く香炉を使用することで

楽しめます。

ですが、最高級の香木がどんな香りなのか気に

なりませんか?

香木の中で比較的安いものが、白檀です。続いて沈香、

そして最高級が伽羅となっています。

下の画像は最高級の伽羅のものです。

伽羅は高価なものですが、その香りはやはり別格です。

たった数ミリの木片でも、部屋いっぱいに香りが広が

ってその香りを聞くことができます。

あなたも最高級の香りを聞いてみてはいかがでしょうか。

あなたも初耳?「香りを聞く」とは!

「香りを聞く」という言葉を知っていますか?

お香の世界では、香木やお香の香りを楽しむことを

「香りを聞く」といいます。

なかなかシャレた表現ですよね。

香りを聞く、という言い方は、何となくたおやかで、

奥ゆかしい感じがしますよね。

なのでお香の香りを楽しむときには、ぜひこの香りを聞く

という表現を使ってくださいね。

香りを聞くには場所がポイント!

香木や線香などのお香の香りは、それを聞く場所が

ひとつのポイントになります。

私のおすすめの場所は、玄関です。

玄関の香りでお客様を出迎えると、家に入る前に

上品な印象を与えることができます。

玄関はお客様が一番最初に来る場所ですから、

いい香りで心地よい気分になってもらいたい

ですよね。

そしてもうひとつが、車の中です。

車の中は、キレイにしているつもりでも何となく

いやなニオイがついてしまうところです。

なのでお客様を乗せるときにはお香の香りを使って、

リラックスしてもらいたいですね。

車の中では、車内用のフレグランスや匂い袋などを

使うといいと思います。

香木のおすすめの楽しみ方とは?

香木には様々な種類があるため、香りもいろいろ

あるんですね。

ですから、たくさんの種類の香りを楽しめる、

香源の「沈香6種たき比べセット」というのを

おすすめします。

このセットでは、ベトナム産の沈香やインド

ネシア産の沈香など6種類の香りの違いを、

感じることができます。

「沈香6種たき比べセット」は今なら購入

特典が付くのでお得ですよ!

このほかにも香源限定の香木もあります。

↓↓↓

最高級の香木の詳細を見る