不祝儀とは?人に聞けない香典返しの金額を一挙大公開!

↓↓↓

香典返しのギフトの詳細を見る

あなたは「不祝儀(ぶしゅうぎ)」という言葉の意味が

わかりますか?

また、香典返しの金額はいくらが適当

なのか知っていますか。

ここでは、不祝儀の意味と、香典返しの金額について

どのくらいが適当なのかを書きたいと思います。

どちらのことも、葬儀や法事があるときに知っておくと、

ためになることです。

どちらもなかなか人に聞けないことですので、今ここで

確認しておきましょうね。

知っておきたい!「不祝儀(ぶしゅうぎ)」とは?

不祝儀の「不」を取った、祝儀という言葉は聞いたことが

あると思います。

よく祝儀袋とか、ご祝儀などと使うことがありますよね。

この祝儀という言葉は、祝いの儀式や、その時に贈る金品

のことをいいます。めでたい言葉なんですね。

不祝儀とは、祝儀の反対語になります。

その不祝儀とは、不吉な出来事、特に葬式など

よろこばしくない出来事のことをいいます。

よく不祝儀袋という言葉で使われることがあります。

不祝儀袋とは、葬儀や法事の時に金品を包む袋のことで、

香典袋ともいいます。

香典返しの金額はいくらが適当か?

葬儀や法事で香典をもらった経験があればわかると思うの

ですが、香典をもらったら、その相手に香典返しするんで

すよね。

ではその金額はいくらが適当かといいますと、もらった金額

の3分の1から半額というのが一般的とされています。

つまり、香典に1万円もらったら、香典返しには3,000~

5,000円ぐらいが適当ということです。

注意するところは、香典でもらう金額は相手によって異なる

ため、香典返しの金額も相手によって変わるところです。

相手の金額に合わせた金額を返すようにしましょうね。

香典返しにおすすめのものとは?

香典返しを考えるときにおすすめのものは、

食料品やタオルなどの日用品など、いくつか

あります。

その中でも一番のおすすめが、カタログギフトです。

カタログギフトならもらった人が好きなものを自由

に決められますからね。

おすすめのカタログギフトはこちらです。

こちらのカタログギフトは表紙が和風でオシャレで、

1970点の商品の中から選ぶことができます。

↓↓↓

香典返しのギフトの詳細を見る