お焼香の仕方と香典のマナーとは?法事で役立つ0円講座!

↓↓↓

お線香ギフトの専門店で詳細を見る

葬儀や法事で、お焼香(おしょうこう)や香典・線香を

あげることがありませんか?

年齢を重ねるにつれて、あなたもお焼香や香典をあげる

機会が増えてくるはずです。

そこでここでは、お焼香の仕方や香典のマナーについてを

説明したいと思います。

これを読めば、葬儀や法事に行っても迷うことはありません。

葬儀や法事で恥をかきたくない、という人には必ず参考に

なるはずですよ。

できないと恥ずかしい!お焼香の仕方とは?

お焼香の仕方は次のような流れになります。

.自分の順番が来たら焼香台の前まで移動します。

.そこで遺族に向かって一礼します。

.そして焼香台に近づいて今度は遺影に一礼します。

1~3回焼香を行います。

.焼香を行ったその場で、合掌して一礼します。

.遺族に一礼して、自分の席に戻ります。

4のお焼香の仕方は、右手の3本の指(親指、人差し指、

中指)で粉末(抹香)をつまみます。そしてつまんだもの

を、額のところまで持っていって、香炉に入れます。

これを1~3回繰り返すわけですね。

お焼香の回数についてですが、全国儀式サービスによります

と、お焼香の回数は宗派によって異なりますが、1~3回

行えば十分だそうです。

その宗派の作法がわからなくても、心を込めてお焼香すれば、

特に違いにこだわる必要はないとのことです。

お線香によるお焼香の仕方も知っておくべき!

お焼香は、座ったままお線香ですること(座礼)も

あります。

やり方の基本は、

1.座ったまま、僧侶と遺族に一礼します。

2.遺影に向かって一礼します。

3.ろうそくの火を線香につけます。

4.線香に火がついたら手であおいで消します。

5.その線香を香炉に立てて、合掌します。

という流れになります。

誰からやる?お焼香を行う順番とは!

お焼香の順番を知っておくことも大事なことですね。

お焼香のやり方は前の人のマネをすればいい、と考え

ていても、自分が一番最初にお焼香をやる場合もあり

ますよね。

そのような時でも慌てないように、事前にお焼香の順番を

しっかりと把握しておきましょう。

一般的に、お焼香をやるのは、故人と縁の深い人から順番

にやっていくことになります。

なので初めは、まず遺族からおこないます。

そのあとは、前の席の人から順にお焼香します。

なるほど雑学!お焼香の意味とは?

お焼香の意味とは、仏や死んだ人の霊前で香を焚いて

拝むこと、(福武国語辞典より)ということです。

このお焼香には、お香を焚くことで故人を深く敬う

気持ちがあります。

お焼香には香りで邪気を払い、心身を清める力があると

されているのですね。

また仏教の考え方では、お焼香は仏様の食べ物とされて

いたり、お焼香の香りを仏様は好んでいる、ともいわれ

ています。

お焼香で使う数珠にも意味があった!

数珠はインドのバラモン教が使用したのが起源だとされて

います。

108個の数珠の数は、煩悩(ぼんのう)の数といわれて

いて、人間の108個の煩悩を数珠が引き受けてくれて

いるのです。

数珠を用いることで、煩悩をなくして仏様の功徳が得ら

れるようになると考えられています。

そのため、数珠は誰にとっても必要なもので、神様や

仏様の恵みを得ることができるものなのです。

なのでお焼香では、数珠(じゅず)を使うようにしま

しょう。

気持ちを届けるためにお線香を贈る

親しい間柄であっても年を重ねていけば、いつかは別れるとき

がきます。

特に相手が遠方だったら、法事に行って手を合わせることも

難しくなりますよね。

そんなときは、お線香をお贈りしてみてはいかがでしょうか。

日本で古くから贈り物とされてきたもののひとつがお線香

なんです。

故人を偲ぶ気持ちは何年たっても変わらないものですから、

自分の気持ちを届けることは、とても大事なことだと思い

ますよ。

作法やマナーの重要性とは?

私はもうすぐ40歳になりますが、近頃は年配の知人が増えた

せいか、葬儀や法事に行く機会が増えてきました。

そこで思ったことは、「もっとしっかりと作法やマナー

を勉強しなきゃいけない」ということでした。

若いころはただ葬儀に出ていればいいのかも

しれません。

でも年を重ねるにつれて、葬儀ではただ悲しむだけでなく、

しっかりとした立ち振る舞いが大事になると感じたのです。

お焼香や贈り物はしっかりとやりたい

ただ悲しいから泣く、というのは子供と変わりません。

ただ泣くだけでなく、きちんとお焼香をすること。

贈り物をきちんと贈ること。

それができてこそ、本当の大人だと思っています。

あなたも悲しみの気持ちを伝えたいときは、

お線香を贈ってみてはいかがでしょうか。

こちらの香源はお線香ギフトの専門店で、

毎月プレゼントがもらえるキャンペーン

行っていますよ。

↓↓↓

お線香ギフトの専門店で詳細を見る